下肢静脈瘤は名医に委ねる【きちっと選んで早期回復】

患者さんの負担

女性

がんの治療には、患者さんの負担がかなりかかるものです。ですから免疫治療のように、副作用が少なく患者さんに負担がかからないのも、とても魅力的です。免疫治療は、体の中の免疫力を高めてがん細胞を除去しますので、とても副作用が少ないのです。

Read More...

腎臓病の治療の専門病院

医者

急性腎炎やネフローゼ症候群、慢性腎不全などの腎臓病は、横浜市都筑区の腎臓内科の病院で治療が受けられる。都筑区の腎臓内科には透析室も完備しており、慢性腎不全の患者は人工透析が受けられる。都筑区の腎臓内科には、名医と称される優秀な医師も在籍している。

Read More...

利用している人が沢山いる

窓

体調が悪くなったら病院で診てもらう必要がありますが、優れた医師のいるところで診てもらいたいと思うのは当然のことです。インターネット上には実際に病院で診てもらったことのある人の口コミサイトが載っています。ですからこういったサイトを参考にして診てもらう病院を決めるのが良いです。

Read More...

静脈を抜かずに手術できる

悩み

傷が残らない最新レーザー

下肢静脈瘤は足の静脈の一部がこぶ状になる病気です。足の場合、静脈を流れる血液は下部から上部へ向かって流れていくため、逆流しないように弁が設けられています。しかし妊娠や長時間の立ち仕事などがきっかけとなってこの弁がこわれてしまうと、血液がスムーズに流れず溜まってしまうので、こぶ状のふくらみができるのです。とくに命に差し障るような病気ではありませんが、むくんだりだるさを感じたりといった症状があります。病院で下肢静脈瘤の検査を受けるときは、造影剤を使ったカテーテルによる検査が行われますが、この検査方法では静脈に針を刺す必要があります。しかし下肢静脈瘤の名医のもとで検査をしてもらえば、痛みのない超音波による検査を受けることができます。今後は、この痛くない超音波検査が主流になっていくと予想されます。

傷が残らない最新レーザー

下肢静脈瘤の症例数の多い名医は、最新のレーザーを用いた手術を行っています。この手術は日帰りで受けることが可能です。この術式に用いるレーザーは非常に細いレーザーファイバーを使ったものなので、傷痕が残らないという長所があります。妊娠がきっかけで下肢静脈瘤になる場合、女性ホルモンが関係しているとされているため、下肢静脈瘤は女性に多い病気です。そして下肢静脈瘤のできる場所はスカートをはくと見えてしまうことが多いので、女性患者にとって傷痕の心配がいらないというのは大きなメリットといえます。従来、下肢静脈瘤の手術はストリッピング方式という、患部を含む静脈を引き抜いてしまうというものでした。しかし最近、名医のいるクリニックでは上記の最新レーザー手術が受けられるので、病院を探すときはこの手術を導入している名医を選ぶことをおすすめします。